読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パン屑の道しるべ

読み散らかした本をたどって

フーゾク店で彼氏はできるか?

 

フーゾク店で彼氏はできるか? (onBLUEコミックス)

フーゾク店で彼氏はできるか? (onBLUEコミックス)

 

 海辺の町にある場末の風俗店って、河馬乃さんの作風にぴったりだな~。

他人の欲望に尽くす仕事って楽じゃないだろうけど、そこで働く人間にとってはそれが日常。キレイごとでも、悲劇でもない、そこでしか生きられない者の諦念としぶとさがちゃんとある。

 淫乱すぎると恋人から別れを言い渡され、離れた町の風俗店で黒服として働くことになった及川。エロい現場を見すぎてEDになったという先輩黒服の花村は、気のいい親切な男でなにかと及川の世話を焼いてくれる。

ささいな接触にも反応する身体を元に戻そうと我慢を重ねる及川だったが、エロいことに事欠かない職場で平静を失い、花村の手にすがってしまう。

まず花村さんのモブっぽさ全開の眼鏡キャラがいい。

たいしてモテたことはないけど、まったく経験値がないわけでもない至って平凡な男。そんな花村が、地味なくせにやけにエロい及川に惑わされて流されていく姿は、まるで気の毒なエロゲの主人公を見ているかのよう。

気持ちいいことには抗えないのに「ホモ」になる覚悟は固められない。攻めらしからぬ臆病さが人間らしい。

ノンケでEDの花村さんすら惑わす及川のエロさは尋常じゃなかった。肩を掴まれただけでイキかけるって、もはや感度がいいってレベルを天元突破してるだろう!

本人すら制御不能な「魔性フェロモン」で、EDだったはずの花村さんを見事身体で落としてしまう。

ぜんぶすっ飛ばしてお互いの欲望を解消し合うようになってしまったせいで、なかなか恋へと進展できずにすれちがうふりがかわいかった。

ラブラブになったふたりときたら文字どおり際限がなくて、いつまでもバカップルのままでいてほしい。

好きじゃないって百回唱えた

 

好きじゃないって百回唱えた (THE OMEGAVERSE PROJECT COMICS)

好きじゃないって百回唱えた (THE OMEGAVERSE PROJECT COMICS)

 

 

出来心で帯をとってみたら、かなりカゲキな表紙でびっくり。金髪ホストが眼鏡に前髪ふん掴まれてる…!圧倒的DVの予感!

インテリ眼鏡の調教系BLは、どっちかというと苦手な部類なのだけど、言葉のせつなさに惹かれてタイトル買いしました。

感想は本宅てにて。 〈感想〉

大胆不敵ラブコール

 

大胆不敵ラブコール (バーズコミックス リンクスコレクション)

大胆不敵ラブコール (バーズコミックス リンクスコレクション)

 

 

歳をとったせいか、近頃じゃ高校生くらいの子が一途に恋している姿を見ているだけで、なんだか泣けてきてしまう。

この漫画のふたりも、バカで不器用でとにかく一生懸命。

壊れ気味の涙腺を直撃する、どストレートな青春ラブコメディ。

感想は本宅にて。 〈感想〉

それに名前をつけるなら

 

それに名前をつけるなら (マーブルコミックス)

それに名前をつけるなら (マーブルコミックス)

これ大っっっ好き…!童貞年下攻めバンザイ。

感想は本宅にて。 〈感想〉

ギフト

 

ギフト (バンブーコミックス 麗人セレクション)

ギフト (バンブーコミックス 麗人セレクション)

 

 整体師の修(家では年中ジャージ)と、バイヤーのカンちゃん(重度の服狂い)の同棲生活を描いた「地獄行きバス」の続編。

つづきがあると思ってなかったから、めっちゃうれしい~。

モノへの執着がまったくなく、いつだってモノより思い出な修と、とにかくファッションが大好きな物欲の塊であるカンちゃん。まったくかみ合わないふたりなのに、お互いの欠けた部分にぴったり収まる相性の良さ。マンネリなんて感じさせない夜の激しさも含め、相変わらずのラブラブっぷりを堪能しました。

ほのぼの日常BLかと思いきや、修の家庭環境には明治さんらしい翳りがうかがえるところも、またよいスパイスになっていた。修がカンちゃんの浪費癖に寛容なのは、もとがお金持ちだからってのも影響してるんだろうな。

読みすすむうち、だんだんふたりの根っこにあるものが見えてくる。まるで、友だちのことを知っていくみたいでちょっとうれしい。

6月まとめ

BL小説:1冊
BL漫画:24冊
一般漫画:12冊
同人ほか:24冊

計 61冊

=====

あたらしいものとの出会いより、積みアニメ&積み漫画の消化に励んだ6月。
今月のベストはいわずと知れた傑作少女漫画、萩尾望都「半神」。いまでもバリバリ現役で活躍されている萩尾御大ですが、「半神」はさすが全盛期の作品だけあって、絵も物語も神がかっている。紙と墨だけでこれだけの宇宙をつむぎだすなんて、人間業とは思えない。
oimo「オゲハ」は、同人誌のころから非凡さを発揮してた作家さんの商業デビュー単行本。蝶の少女と無気力少年のボーイミーツガールストーリー・・・のはずが、全編にただよう不穏な空気がなんとも不気味。まるでネグレクトの家庭をのぞき見ているよな、後ろめたさが妙に癖になります。
新刊が出るごとに絶賛してますが、やっぱり5巻もすごかった清家雪子「月に吠えらんねえ」5。5巻はついに・・・白さんと朔くんがむにゃむにゃなことになっております。同好の士の方々は必見ですぞ!!
BL漫画でぐっとつかまれたのは、秋平シロ「いちばん遠い星」。両片想いって、ほんとうにいいものですね。

野蛮の蜜

野蛮の蜜 (リンクスロマンス)

野蛮の蜜 (リンクスロマンス)

じつは有名BL作家の別名義とのうわさのある神代さん。
もはや官能小説と呼びたくなるような、濃密なエロスがただよう未亡人BL。
雑誌掲載時から10年ちかく。ずっと切り抜きをとっておいた作品だけに、書籍化のよろこびもひとしおです。

アーモンドを七粒 2

やっぱり夏水さんのリーマンBLが大好きです。デキるイケメン×真面目眼鏡とか、定番なんだけど、しっかり美味しい王道に仕上げてくれる。
またリーマンものを描いてほしい限り。

パライソ

萌えどうこうというよりも、オリジナリティあふれる世界観とそのデザインセンスがすばらしい。

TRIP LOVERS

お好み焼き屋のおっさんが異世界に転生したら、イケメン騎士の嫁にクラスチェンジさせられた件。
BLというより、なろう系でよくあるタイプの「異世界転生」もの。歳の割にたよりない主人公が、お好み焼きの美味しさと、年増のかわいさを武器に仲間を増やして、幸せな結末を手にする。
BLで異世界転生というと「FLESH&BLOOD」くらいしか思いつかないなぁ。ファンタジーは設定にページを割かなきゃいけないから、とことん心理描写重視のBLとは親和性が低いんだろうか。