読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パン屑の道しるべ

読み散らかした本をたどって

初恋大パニック

 

初恋大パニック (SHYノベルス)

初恋大パニック (SHYノベルス)

 

引きこもりから一転、デビュー作で大ヒットを記録した注目の新人作家・藤原壮介の担当となった敏腕編集の小宮山旭。打ち合わせ初日、良家に生まれ、容姿にも才能にも恵まれたぽっと出の新人に対して、やっかみまじりにこぼした悪態を、藤原本人に聞かれてしまう。

お互いの第一印象は最悪。でも、くやしいが藤原の才能はほんもの。

編集者として、作家生命にかかわる第二作目をよりよいものにするべく旭は奮闘するのだが、旭が自分をバカにしていると思い込んだ藤原は、まったく旭に心を開こうとしない。

いけすかないと思っていたはずの相手なのに、出会うたびにイメージとは異なる互いの素顔を知り、やがて惹かれあっていく。

ハリウッドのラブコメ映画のような明るくハッピーなお話で、とても楽しかった!

打ち合わせでの何気ないやりとりからときめきが生まれていく丁寧な描写は、月村さんの小説ならではですね。

ほんとうは恋愛経験すらないくせに、無理して大人の男を装う小宮山さんがおかしいやらかわいいやら。藤原くんともども翻弄されっぱなしでした。

来たる晴れかけの明日よ

 

来たる晴れかけの明日よ (cannaコミックス)

来たる晴れかけの明日よ (cannaコミックス)

 

廃品回収店のイケメン従業員×お人好し店主。

このカップリングはちょっと、「くいもの処明楽」を彷彿とさせるな~。デキる年下攻めっていいですね。

上田さんにはオヤジ受け属性がある気がして、期待している。

同人誌セレクション ヤマオリ

 

同人誌セレクション ヤマオリ (The best best)

同人誌セレクション ヤマオリ (The best best)

 

大好きな火黒作家さんの薄い本セレクション。

再販の見込みのない本ばかりまとめてくれたので、すごくありがたい…。

卒業後の火黒はどれだけ想像しても妄想が尽きなくて、ほんとうに何通りでも楽しみたい。かがみくんは言葉より先に手が出るタイプだし、くろこさんは思ってもなかなか口には出さないので、やることやっておいてなお両片想いなふたりがたまらない。

もだもだしっぱなしの恋模様、ごちそうさまでした!

ジェイミー・バーディー

 

ジェイミー・ヴァーディー : 英国一の成り上がりストライカー

ジェイミー・ヴァーディー : 英国一の成り上がりストライカー

 

岡崎選手と同じチームに所属する、成り上がりプレミアリーガーの伝記。

ルールやテクニックにはまるで疎く、個性的な選手たちが持つ「物語」に惹かれてサッカーを観ているだけの永遠のにわかなので、この本もそうした「物語」を楽しむために手に取った。

でも、どちらかといえば、工場労働者から一部リーグのエースストライカーへとのし上がる波乱万丈のドキュメンタリーというより、彼の偉業を詳細な数字でたどるクロニクルだったかな。競技そのものにさほど興味のない私には、ちと硬すぎた。

 

心を殺す方法 1-2

 

心を殺す方法 1 (onBLUEコミックス)

心を殺す方法 1 (onBLUEコミックス)

 
心を殺す方法 2 (onBLUEコミックス)

心を殺す方法 2 (onBLUEコミックス)

 

いやあ、もうこのタイトルからぞくぞくきてしまいますね!

SMは断然、肉体的なのより精神的なのが好みです。

感想は本宅にて。 〈感想〉

きみがほしい、きみがほしい

 

きみがほしい、きみがほしい (幻冬舎ルチル文庫)

きみがほしい、きみがほしい (幻冬舎ルチル文庫)

 

街の片隅のちいさなカフェで、ひっそりと穏やかに暮らす駆け落ちカップルのセンシティブラブストーリー。

まるで夫婦みたいなのに、いつまでもお互いに片想いしてるみたいな、ひとさじの淋しさをひそませた幸福な日常に癒されました。

ふたりだけしか知らない

 

ふたりだけしか知らない (バンブーコミックス Qpaコレクション)

ふたりだけしか知らない (バンブーコミックス Qpaコレクション)

 

いつも女の子に囲まれているモテ男の冬弥と、ツンデレ眼鏡の陸上部員・圭介。

学校ではまるで接点のないふたりだけど、じつはお互いの身体で欲望を解消し合う仲。女扱いされるのが一番嫌いな圭介なのに、冬弥に触れられるとつい絆されて、流されてしまう。

奥手で意地っ張りな圭介が、マイペースでちょっと強引な冬弥に振り回されているようにも見えるが、飄々としている冬弥も、女子が苦手な圭介に付け入るように関係を持ったことに不安を抱えている。

いっしょにいてもべつべつに好きなことをやっている姿は、恋人同士というよりも男友だちの距離感。あまりの気軽さに最初は、若気の至りみたいな関係?とも思ったけど、そういう気のないそぶりこそが、「余裕のない自分」を見せたくないがゆえの本気の裏返しでもある。そうわかってからは、そっけない態度のなかにも独占欲や嫉妬が透けて見えてにやにやしっぱなし。

まだうまく恋人をあまやかす方法なんて知るはずもなく、想いをぶつけ合うしかない未熟で不器用な恋模様にこっちまできゅんとさせられる一冊。

宇宙でいちばん君が好き

 

宇宙でいちばん君が好き (drapコミックス)

宇宙でいちばん君が好き (drapコミックス)

 

家族で農業を営む稔の前に、突如現れたふしぎな少年。

宙(そら)と名乗る彼は、遠い星から結婚相手を探しにやってきたという。突拍子もない話に困惑する稔だが、宙から「嫁」認定され、ともに暮らすことになる。

かわいい絵柄でかわいいお話。稔はなんだかんだツッコミつつも、流されるがままのラノベ主人公みたいなキャラなので、ドラマチックな設定のわりになんとな~くくっついた感じになってしまったのが惜しい。

ハイキュー!! 22

 

ハイキュー!! 22 (ジャンプコミックス)

ハイキュー!! 22 (ジャンプコミックス)

 

 夜久さんが表紙だ~~~!!!1冊まるごと梟谷vs音駒!

こりゃあ、人気作じゃなきゃできないご褒美だな~~~。主人公校とちがって、他校対決はまったく先が読めないおもしろさがあるな。

木兎さんのプレーは、ほんとうに観ていて楽しいな!覚醒したリエーフも末恐ろしい。

どちらもつぎ烏野と対戦するとしたら春高しかないだけに、わくわくしてしまう。

バビロンまで何マイル?

 

バビロンまで何マイル? (白泉社文庫)

バビロンまで何マイル? (白泉社文庫)

 

 コミックス未収録分を収録した完全版。