読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パン屑の道しるべ

読み散らかした本をたどって

やぎさん郵便 3

ついに完結巻…なんだけど、毎回新刊が届くころにはそれまでのストーリーを忘却しているという。たはー。
あらためて最初から読み返そうと思いますが、花城さんの緋襦袢エロが拝めたので心残りはありません。
花城と澤、それぞれの報われる見込みもない初恋を描いた前日譚「東京行進曲」もよかった。ちょっとしょっぱい童貞喪失って最高ですよね!(←ゲス)せつない話なんだけど、切れ者なようで純情な花城にはお日さまみたいな廣瀬しかいなかったし、無愛想だけど世話焼きな澤にはちょっと危なっかしいくらいの有原がちょうどよかったんだな、と実感させられた。
二度発行された全サ小冊子もそれぞれ白黒ながら収録してくれていて、当時涙をのんだ身としては大感謝です。