読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パン屑の道しるべ

読み散らかした本をたどって

乙嫁語り 8

漫画

19世紀中央アジアを舞台に描かれる、非モテ女子の婚活物語。
「婚活」というこのうえなくタイムリーなネタと、本格歴史ファンタジーの組み合わせがとにかく新鮮!主人公となるキャラクターが変わるたびにがらっと作風を変えてしまうところがこの漫画のおもしろさだな〜。
とにかく緻密に写実的に描き込まれた作画にも関わらず、生真面目に固まることなく、少女漫画から萌えカルチャーまで貪欲に柔軟に取り入れる作風はじつにのびやか。異なる時代の異なる国を描くにあたって、相当資料も読み込んでいるだろうに、史実にとらわれない柔軟さにおそれいる。
7巻の百合姉妹もすばらしかったけど、パリヤさんのツンデレっぷりもまたたまらない。他人と自分を比べてはうまくやれない自分に打ちひしがれ、妄想で先走っては現実の壁にぶちあたってもんどりうつ。この非モテっぷり、到底他人事と思えない。コミュ障の先駆者みたいな人だな…!
パリヤさんが思っているよりずっと、婚約者のウマルくんはパリヤさんのこと憎からず思っているんじゃないかな?と思うけど…パリヤさんの空回りっぷりがかわいいので、もうしばらく勘違いしていてほしい。