読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パン屑の道しるべ

読み散らかした本をたどって

墨と雪

平河寮シリーズ、待望の篠口編!
待ってましたの篠口受けは、スリリングな監禁もの。しかも、攻めに監禁されるお約束展開ではなく、サイコキラーに執着され本物の犯罪に巻き込まれてしまうという。警察小説さながらのストーリーのなかで、男同士があやうい関係へと発展していくところがこのシリーズのおもしろさ。
クライマックスはやはり姫君危機一髪で終わるかと思いきや、組織としてのリアリティを失わない納得の展開。恋に溺れる男である以前に、キャラクターのひとりひとりが真のプロフェショナルであるところがかっこいい。
篠崎もたいがい屈折した男だけど、攻めの黒澤もそうとうに食えない男。公安のキャリアという肩書きだけでもじゅうぶん並大抵の男じゃないが、見えない糸で絡め取るかのような手管がなんともいやらしい。これだけ慎重にかわいがられているのに落ちない篠口を、むしろおもしろがっているような大人の余裕にぞくぞくする。
たっぷり一冊大人の駆け引きを味わえて、めちゃくちゃ贅沢だった。ぜひ続刊であまいふたりを…!