読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パン屑の道しるべ

読み散らかした本をたどって

同人誌34冊

同人誌

春コミの戦利品〜。虹赤プチすばらしかった!

ぶぶん飯店「おかわり!!2杯目」
待ってましたの影日再録本。このサークルさんの影日は、攻めでも受けでもなく、ただの少年ふたりが手さぐりで恋してるところが大好き。はじめて知る感情に振り回されっぱなしのふたりがかわいい。青春ってあまずっぱいな〜!って、こっちまでジタバタしてしまう。ふたりを見守る先輩たちの「平常運転」っぷりも楽しすぎ。はー、おもしろかった!

射よ「スペルバインド」「ご夫婦ですか?いいえ兎赤です」
兎赤本。感情が顔に出ないあかあしくんの無自覚な誘い受けっぷりと、思ったことそのまま口から出てしまうぼくとさんの意図せぬ言葉責めがエロすぎました。ふだんあんまり「好き」とか言わない受けが、イクとき「好き」っていうのほんと最高な!

ULM「ショートコント 告白!」「CTS」「暈」
兎赤本。ぼくとさんは観たり考えたりするよりも、自分でやってみてはじめて楽しいって感じるタイプで、あかあしは分析して仮説を立ててそれが実現すると充実感を感じるタイプ、かなぁ。思考のプロセスとしては正反対だけど、「挑戦」と「行動」で未来を拓いていくところは同じだから、相棒なんだろうな。べつべつの心を持つ人間がいっしょにいる。ただそれだけのせつなさと幸福とが詰まっている。

chickenman「いつもきみがいた 一年前」
大菅シリーズ1冊目。好きCPの恋のはじまりから成就までを大長編で何パターンでも読みたい系腐女子です。だもんで、大菅のなれそめを新入生のころから描くシリーズうれしすぎる…!短髪スガさん、かわいすぎかよ。いまは立派なキャプテン・副キャプテンなふたりにも、がむしゃらにがんばるしかなかったころがあったんだな〜と思うと、それだけでじわっとくるものがあった。つづきを正座待機。

そば屋「青城GO!CON☆」
及岩+青城がカラオケで合コンの予行演習?をするギャグ本。はー、めちゃくちゃ笑ったw ドルオタわたりは反則だ!モテ男のくせに、いわちゃんに関してはガチなあまりに残念なことになってるおいかわさんに萌えてなりません。

PLATINUM DOG「ゆびさきからてんごく」
虹赤本。後輩がかわいすぎて全然我慢できないキャプテンと、キャプテンにめろめろでエロくなるいっぽうな後輩のけしからんかわいいエロ本。100Pに迫る分厚さにまず拝むしかないわけだが、頭からしっぽまであまあまいちゃいちゃで、もはや五体投地するしかない…!強引だけど、無理やりはできないにじむら先輩の無骨なやさしさにとてつもなく萌えます。

(仮)「オレはラノベみたいな恋がしたいなんて思ったことは一度もない」「WONDER」
赤黛赤本。うあぁぁ○○した〜〜〜〜!!!
連載中からあかしくんの洛山での生活ってどんなもんなんやろ…と思っていたので、このシリーズを読んでいると毎回新鮮な感動がある。まゆずみさんはもちろん、洛山メンバーとあかしくんとの関係性がひとつひとつ丁寧にほぐされていく。1年だてらに主将とか日本有数の資産家の息子とか、自分ではまったく想像できない世界なのに、この漫画を読んでいるとなるほどこういうことかもしれない…という「実感」が湧く。二次創作は絵空事だけど、ファンタジーを「リアル」に感じさせてくれる作品と出会えるとじわっと震えがくる。
口数は少ないけど、心の中は超饒舌なまゆずみ先輩のモノローグが今回も最高だった!じわじわ近づいてきたふたりの関係性も、ついに動き出しそうな…やっぱり変わらなさそうな雰囲気で、ああもうつづきが読みたい!

LA1961「Extra Bonus」
シノヤマ本。ひとり一挙再放送していたらシノヤマ熱がぐあぁ〜と盛り上がってしまい、慌ててサークルチェック。この本、すごいよかった…!すこしでもしのの役に立ちたいやまぎと、やまぎの献身に報いたいしの。お互いに「ぜんぜん足りない」って思ってるけど、その実、じゅうぶんすぎるほどに与え合っている。これぞ理想のシノヤマ。

あと、虹赤本4冊、紫氷1冊、黄笠1冊、兎赤3冊、及岩4冊、リエ夜4冊、今鳴3冊、米英2冊。ほんっと節操ないな!