読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パン屑の道しるべ

読み散らかした本をたどって

でぃす×こみ 1

少年漫画家志望の妹のペンネームを拝借して漫画家デビューを果たした兄が描いたのは、なんとBLだった!?
ゆうきまさみがBL漫画を!?作中作のBLページはすべてカラー収録。しかも、着色はすべてオノ・ナツメ灰原薬ら、有名作家の手による豪華仕様。冒険というよりもはややけくそ(笑)な企画力にのせられて、まんまとご祝儀買いしてしまいました。
こんな無理難題をふっかけられても、しっかりBLの?ツボ″を押さえたネームを仕上げてくるところは、さすがの大ベテラン。正直、書いてる本人に萌えがないのが丸わかり(笑)なので、BLを読んでいる感じはまったくしないんですが、萌えでごまかされない分、構成の巧みさや演出力が際立っています。
今後の進退がかかったデビュー一作目のネームをめぐって、兄妹が試行錯誤する第二話「愚王×賢臣」(これ、CP表記に則るなら左右逆だな…)では、ゆうき先生の物語づくりのエッセンスがそのまま漫画になっていてすごく贅沢。なるほど、演出っていうのはただ派手に盛り上げるのではなくて、ほんとうに伝えるべきものにスポットをあてる作業なんだな。
トリッキーなアイデアで目くらましされているものの、ふたを開けてみればじつに正統派にしてユーモアに満ちた漫画家漫画だった。
ただ、個人的には「タンクトップ男子受け」って、そんなにスタンダードでもないと思うけどな!?